愛とは自主的な行為

愛と聞いて思い浮かべるのはマザーテレサ。とても主体的なかたであったのだろうと思う。 自身なんかは電車に乗っていて、後ろからぶつかられるとムカムカとしてしまってとてもぶつかってきた方の事情などを考えるほどの余裕を持ち合わせてはいない。全くの他人のことを気づかえるのはもっと年をとってからでよいが、まずは身近な人たちに対して、一時の感情に流されることなく、接することができるようになりたい。 愛があるということに共通しているのは、第一に意思があることを自覚できていること、第二に理由如何にかかわらず実行するかどうかということなのかと思う。尊い行為だと思う。